2016年12月 1日 (木)

バス路線の復活を仙台市に要望

バス路線の復活を仙台市に要望
バス路線の復活を仙台市に要望
バス路線の復活を仙台市に要望
 26日、若林地区町内連合が仙台駅、大学病院への直通バス路線の復活を求める要望書を仙台市に提出しました。
 庄司あかり仙台市議とともに同席しました。
 地下鉄東西線開業に伴い、市営バス路線が廃止、縮小され、一年が過ぎようとしていますが住民の皆さんからは不便になったうえ、お金が余計にかかることへの不満、苦情があとを絶ちません。
 公共交通としてのバスを守り、便利で使いやすい身近なバスにしていくために私も引き続き、頑張ります。
福島かずえ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月29日 (火)

宮城県議会の改革めざして

宮城県議会の改革めざして
 25日、宮城県議会11月定例会が開会しました。6月に続いて、政務活動費の不適正なつかいかたが問われ、議長が二代続けて辞任しました。
 県議会に設置された議会改革推進会議のメンバーとして、遠藤いく子団長とともに、議会改革に取り組んできた私としてもたいへん残念に思います。
 新しい議長には、先月末まで自民党会派の代表だった方が3票の僅差で野党統一候補を退け、就任しました。議長も副議長も自民党が独占している状況は変わりません。辞任した二人の議長を送り出した当事者としての責任をどう考えているのでしょうか?
 各常任委員会の委員長なども、これまで自民党が独占していましたが、今回、初めて共産党にも比例配分で常任委員会の副委員長がふたつきました。三浦一敏議員が建設企業委員会、天下みゆき議員が保健福祉委員会の副委員長です。
 単独で過半数を占めている自民党のおごりが、こうした不祥事を生みだしている…という、住民やマスコミの声、世論に押されての変化だと思います。
 引き続き、住民の皆さんの声を力に政務活動費のつかいかたの見直しなどの議会改革をすすめ、信頼回復のために頑張ります。
 

 
福島かずえ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 9日 (日)

初めての稲刈り

初めての稲刈り
初めての稲刈り
初めての稲刈り
初めての稲刈り
 あっという間に、秋本番です!
 せんだい東部復興市民会議の稲刈りに参加しました。
 ミヤコガネモチの収穫です。
 震災から五年七ヶ月…。
 仙台市東部の農村集落もちょっと見ると、すっかり、復興したようにみえます。が、兼業農家はかなり、減りました。
 流された農機具を買うより、住宅や暮らしの再建が最優先だからです。
 しかも、田んぼは1へクタールの大区画になりました。大型機械は個人では買えません。
 農家でなければ、農村にいる意味が薄らいでいきます。
 数少ない専業農家だけで、農村集落を維持し続けられるでしょうか?
 兼業農家も、勿論、専業農家も元気に農業を続けられるような仙台市、宮城県にするために頑張りたいと思いながら、生まれて初めての稲刈り体験をしました。

福島かずえ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月18日 (木)

終戦記念日に街頭から訴えました

終戦記念日に街頭から訴えました
終戦記念日に街頭から訴えました
 お盆休みをいただき、母の実家の白石に家族揃って行って来ました。
 母の実家も代替わりし、叔母は曾祖母になり、従姉妹の孫が二人もおり、4世代同居のにぎやかさを体験してきました。
 それに先立って、15日の終戦記念日には恒例の街頭宣伝を若林区内中心に午前中、5ヶ所で行いました。
 仙台市議に始めて立候補した26年前から、可能な限り毎年、行って来ました。
 今年は、街頭からの反応が良く、びっくりするほどでした。
 最後まで、話を聞いて拍手をしてくれる方やマイナンバー制は徴兵制につながる危険性を訴えて欲しい…とか、例年にない反応でした。
 皆さん、やはり安倍政権の改憲問題を心配や不安に思っているのだ…と実感できる街頭宣伝でした。 
 お盆休みでリフレッシュもできたので、また、頑張ります!

福島かずえ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月28日 (木)

東京都知事には鳥越俊太郎さんを!

東京都知事には鳥越俊太郎さんを!
東京都知事には鳥越俊太郎さんを!
東京都知事には鳥越俊太郎さんを!
東京都知事には鳥越俊太郎さんを!
 いよいよ、31日の投票日が近づいて来ました。
 25日には、民進党の坂下やすこ県議と社民党のひぐちのりこ仙台市議と共産党の私の三人で、「鳥越俊太郎さんを応援するみやぎ女性議員の会」を代表して、日帰りで応援に行ってきました。
 市民と野党の共闘で、桜井充さんを押し上げた勢いと元気を東京に持っていきました。
 急に決まった東京行きでしたが、皆さんから寄せられた募金を鳥越俊太郎事務所に届け、電話ボランティアもして来ました。
 また、街頭演説会や個人演説会、女性勝手連の集会と、一日、フル回転して最終の新幹線で帰るまで、都内を駆け巡りました。
 「東京がかわれば日本がかわる!」大事なたたかいなので、被災地から応援に来ました!…と、訴えて、どこでも、歓迎されました。
 残る三日間、仙台からも鳥越俊太郎さん押し上げに頑張りたいと思います。
 皆さんも、東京のお友達、お知り合いに支持を広げて下さい。お願いいたします。
福島かずえ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«湯布院のレジェンド、溝口薫平さんと中谷健太郎さんに会う!