« 地下鉄南北線の泉中央駅への橋脚が損壊 | トップページ | 被災後二週間めの若林区藤塚 »

2011年3月25日 (金)

破損した市営住宅についての緊急要望

Photo 小松島第二と幸町高層、鶴ケ谷の市営住宅が損壊し、約370名が避難所で暮らしています。

 市当局は、日割りで家賃を徴収しようとしていますが、疲労困憊の住民を思いやる姿勢が必要です。

 1、3月の家賃は全額免除すること

 2、引っ越し費用、ごみの処理費などは全額市の負担   で行うこと。

 以上の2項目を小島都市整備局次長に25日、提出しました。

|

« 地下鉄南北線の泉中央駅への橋脚が損壊 | トップページ | 被災後二週間めの若林区藤塚 »

コメント

市営住宅の損壊で避難生活・・・・。なんてことでしょう。

投稿: 希望 | 2011年3月26日 (土) 22時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173831/51215228

この記事へのトラックバック一覧です: 破損した市営住宅についての緊急要望:

« 地下鉄南北線の泉中央駅への橋脚が損壊 | トップページ | 被災後二週間めの若林区藤塚 »