« 復興公営住宅への入居が始まりました | トップページ | 生活相談の連絡いただき、ありがとう。 »

2014年4月18日 (金)

仙台東部の農業復興の現状・・・その①野菜工場「みちさき」訪問

Dscn1150_640x480

 この間、大妻女子大の田代洋一先生や復旧復興支援みやぎ県民センターの綱島不二雄世話人代表、庄司あかり市議などと、仙台市東部の農家や野菜工場、生産組合を訪問して、復興の現状について、直接、話を伺っています。

 

 14日は、宮城野区南蒲生の野菜工場「みちさき」を訪問しました。

 Dscn1156_640x480

 忙しいところ、菊地守社長にも時間を取って説明していただきました。

Dscn1150_640x480_2

こちらは、西側の葉物のハウスです。

小松菜・・・かな?

Dscn1161_640x480

 収穫後の台です。水耕栽培です。

Dscn1162_640x480

こういう形で、育てます。

この白い発砲スチロールのようなパネルは、数回、洗って使用するそうです。

Dscn1165_640x480

立ち入るときは、ほこりや細菌を風で飛ばすエアフィルターや丁寧な手の洗浄や消毒を行っています。

Dscn1145_640x480

 次は、いちごハウスです。

Dscn1166_640x480

「かおり野」という、この辺りでは珍しい品種と仙台生まれの「もういっこ」の2品種を栽培していました。

「かおり野」は大きく、とても甘みの強い、美味しいいちごでした。

Dscn1173_640x480

こんなに大きいのです。

そして、甘いのです。

Dscn1175_640x480

 ヘタのほうから食べると、甘みの強いお尻のほうをいっそう美味しく食べることができる・・・と正しいいちごの食べ方も学びました。

Dscn1169_640x480

 受粉作業は、みちばちさんの仕事です。こういう箱で購入するのだそうです。

 Dscn1170_640x480

生き物ですから、とてもデリケートだそうです。

トマトもハチが受粉作業をうぃます。

こちらはトマト工場です。

Dscn1178_640x480

トマトもいちごも美味しいものでした。昨年6月からのスタートで、もうじき1年です。

公的補助金が7割投入されて、モデル事業として位置づけられている「みちさき」です。

たくさんの女性や若い人たちが働いており、地元の雇用に結びついています。

毎週土曜日の朝7時から直売も始めたそうです。

地元に根づきながら、補助金頼らなくても採算が取れる順調な経営をめざしてがんばっている「みちさき」さん。

 

 本当にうまくいってほしいなあ・・・と心から願いました。

 

|

« 復興公営住宅への入居が始まりました | トップページ | 生活相談の連絡いただき、ありがとう。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173831/59487205

この記事へのトラックバック一覧です: 仙台東部の農業復興の現状・・・その①野菜工場「みちさき」訪問:

« 復興公営住宅への入居が始まりました | トップページ | 生活相談の連絡いただき、ありがとう。 »