« 再び「ファルージャ」に思う | トップページ | 大震災から復興へ〜未来につなぐみやぎ女性のつどい »

2015年1月21日 (水)

復興住宅で初めて行うなんでも相談会と炊き出し

復興住宅で初めて行うなんでも相談会と炊き出し
復興住宅で初めて行うなんでも相談会と炊き出し

 昨年4月にできた若林西復興公営住宅で、今週の24日、11時からなんでも相談会とお餅つきや芋煮汁のお振舞いをします。


 

 宮城県災対連と復旧復興支援みやぎ県民センターの共同の取り組みです。


 これまで、県内各地の仮設住宅で行ってきた相談会と炊き出しですが、復興住宅では初めて行います。


 受け入れて下さった若林せせらぎ会(復興住宅の自治会の名前 です。素敵ですね)の皆さんのなかには民間借り上げ仮設住宅にお住まいだった方も多くいらっしゃり、こうした支援は初めての方もすくなくないようです。

  152戸の住宅で、様々なところから、集まった皆さんが新たにコミュニティをつくっているさなかです。

 少しでも、そのお手伝いができればいい…と思います。


 また、今回は医療費負担などの医療、健康相談にも力をいれています。

  そういうこともあり、21日の午前中、周辺の仮設住宅にもご案内に伺いました。

 借り上げ仮設住宅にお住まいの方の会、「若松会」にもご案内しています。


 今日、案内にまわった仮設住宅でも医療費減免がいつまで続くのか…という、質問があちこちから出され、医療費負担問題に関心が高いことを実感しました。


 24日が暖かい、お天気のよい日であること、困っている方が勇気をだして相談にみえられることを願っています。

|

« 再び「ファルージャ」に思う | トップページ | 大震災から復興へ〜未来につなぐみやぎ女性のつどい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173831/61011035

この記事へのトラックバック一覧です: 復興住宅で初めて行うなんでも相談会と炊き出し:

« 再び「ファルージャ」に思う | トップページ | 大震災から復興へ〜未来につなぐみやぎ女性のつどい »