« どんと祭と繭玉 | トップページ | 阪神淡路大震災から20年 »

2015年1月15日 (木)

復興公営住宅に卓球台

復興公営住宅に卓球台

 

集会所に届いたばかりの卓球台でゲームをしている自治会役員のみなさん

(荒井東住宅)

斎藤達雄さんを囲んで記念撮影

復興公営住宅に卓球台

 

若林区のふたつの復興公営住宅(荒井東、若林西)に卓球台セットが卓球協会から寄贈されました。

 かねてから、それぞれの自治会から、「子どもからおとな、お年寄りまで気軽に体をうごかし、スポーツに親しみたいので卓球台」が欲しい・・・と相談されていました。

 そこで私は、仙台市卓球協会の会長をしている斎藤達雄さんに相談しました。

 達雄さんは、元仙台市議で副議長も務めた方で、所属党派は違いますが、親しくさせていただいています。

 卓球協会では、被災者支援をこの間も、積極的に行っており、今回も、達雄さんの尽力で、復興公営住宅集会所に卓球台セット(卓球台、ネット、ラケット、ボール)が寄贈されました。

「雨でも、冬でも、室内で気軽に卓球が楽しめる」と、とても喜ばれています。

 このふたつの復興公営住宅は、昨年の4月に完成し、自治会もできたばかりです。それぞれ、197世帯、152世帯という、おおきな住宅で、新たにコミュニティをつくる努力をおこなっているところです。

 

 さまざまなところでの仮の生活から、新しい生活に踏み出した被災者のみなさんの中で、卓球を通じて、親睦と連帯の輪が広がっていくことを願っています。

 

 

 

|

« どんと祭と繭玉 | トップページ | 阪神淡路大震災から20年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173831/60981043

この記事へのトラックバック一覧です: 復興公営住宅に卓球台:

« どんと祭と繭玉 | トップページ | 阪神淡路大震災から20年 »