« 花束をいただきました | トップページ | どんと祭と繭玉 »

2015年1月13日 (火)

いわさきちひろカレンダー

いわさきちひろカレンダー
いわさきちひろカレンダー
いわさきちひろカレンダー
 淡いパステル調の画風で子どもの姿や絵本を描いた画家のいわさきちひろさんのカレンダーはずっと、毎年、私の部屋に欠かせないものです。


 いわさきちひろが日本共産党員だったと知る前から、お気に入りの画家でした。
 レターセットなど、よく中学生の頃から巴屋さんで買っていました。紫色のつかいかたが、好きでした。


 いつ頃かは不明ですが、日本共産党宮城県後援会でこのカレンダーをまとめて取り扱って販売しています。(夫だった松本善明さんが東北ブロック比例の衆議院議員になってからかな?)


 このちひろカレンダーが原水爆禁止日本協議会から被災者支援として昨年末、届きました。
 3年めになるでしょうか?


 昨日、今日と荒浜の被災者の団体に庄司あかりさんと一緒にお届けしてきました。
 女性の皆さんから「かわいい」とたいへん好評、喜ばれています。お届けして、良かったです。


 
 …ちひろについて、もうひとこと。

 

 平和を願って、絵を描くことでそれを実現しようとした、いわさきちひろですが、その生涯のもっとも晴れやかな若き時代に、苛酷、壮絶な体験があった…ということを、亡くなってからずっと後に出版された本で知りました。  

 描いた柔らかな子どもの絵や、写真で見る本人の姿からは、想像できない若いころの体験も含めて、2012年には、その人生がドキュメンタリー映画(「いわさきちひろ~27歳の旅立ち~」)にもなっています。

 
 その芸術家の生き方を知ると、その作品についての理解がいっそう深まると言われていますが、私もそう思います。
 いわさきちひろの絵を「好きだ」という方には、彼女の生き方、生涯もできれば知って欲しいです。
 

|

« 花束をいただきました | トップページ | どんと祭と繭玉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173831/60970517

この記事へのトラックバック一覧です: いわさきちひろカレンダー:

« 花束をいただきました | トップページ | どんと祭と繭玉 »