« 県議会が始まりました | トップページ

2017年9月10日 (日)

初めての県議会代表質問

初めての県議会代表質問
 8日、宮城県議会で共産党県議団を代表して、初めての代表質問をしました。
 代表質問は年に二回、2月と9月に5人以上の交渉会派しか、できないルールに宮城県議会ではなっています。八人の県議団になって、4回目の代表質問です。10月の知事選挙直前の議会での代表質問で、責任重大でした。
 議員団、議員団事務局、調査に協力いただ皆さんのおかげさまで、村井知事と宮城県政の問題点を追究し、改善策の提案を以下、四つのテーマで行いました。
①県観光PR動画問題の総括と反省を
・「女性差別撤廃条約」の学び直しと総括を
・再発防止策として県広告のあり方の指針作成
②知事の言動と県政に与える懸念
・地方自治と福祉の捉え方
・情報公開の後退
③これからの復興事業と検証作業を進めるにあたって
・「高台移転、職住分離、多重防御」の「宮城モデル」の問題点
・「復興基金」「地域整備推進基金」のつかい方
・災害を拡大した広域合併と職員削減
・女川原発2号機再稼働への反対を④生活福祉資金制度の改善と農業の充実
 …残念ながら、村井知事の答弁は通りいっぺんで、噛み合わないもの
でした。岩手の復興基金のつかい方、仕組みに対する不勉強さもあらわになりました。
 観光PR動画問題では、ジェンダー平等を求める世界的な流れに目を伏せ、持論にこだわり、自己を正当化する姿が浮き彫りになりました。 
 日本はジェンダーギャップ指数が144ヶ国中111番と恥ずかしいほど遅れています。
 観光PR動画問題は、日本に47人しかいない知事という、トップリーダーとしての資質が村井知事に問われたもので、議論を通じ、私は「失格」と断じました。
 12日から始まる一般質問や委員会での質疑で、村井県政の問題点を明らかにしながら、知事選挙で新しいリーダーをつくるため、頑張ります。
 宮城県議会HPで、まもなく代表質問の動画が アップされます。
 ぜひ、ご覧下さい。
 
福島かずえ

|

« 県議会が始まりました | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173831/65771531

この記事へのトラックバック一覧です: 初めての県議会代表質問:

« 県議会が始まりました | トップページ