« 初めての県議会代表質問 | トップページ | 母校八軒中新制70・創立82周年記念式典、祝賀会 »

2017年11月21日 (火)

県政も国政も、引き続き、野党共闘で

県政も国政も、引き続き、野党共闘で
県政も国政も、引き続き、野党共闘で
県政も国政も、引き続き、野党共闘で
県政も国政も、引き続き、野党共闘で
 知事選挙に解散・総選挙が重なり、ダブル選挙となった20171025。
 小選挙区制と政党助成金という制度の問題点が浮き彫りになったといえます。
 残念ながら、総選挙に知事選挙の争点はかき消されてしまったようです。
 知事選挙で候補者として、奮闘していただいた、多々良哲さんに心から感謝と敬意の気持ちでいっぱいです。
 引き続き、住民や被災者が主人公の県政・復興を築き、進めていくために頑張ります。
 また、比例東北ブロックから高橋ちづ子さんとともに二人めの衆院議員めざした、ふなやま由美さん。そして、宮城二区であと一歩まで奮闘した、鎌田さゆりさん。
 本当に残念でした。
 捲土重来‼力を蓄えて、次の機会をめざして頑張りましょう。
 
 24日から、県議会が始まります。4期目の村井知事と真っ向対決して頑張ります。
 また、国会も昨日から、代表質問が始まりました。
 改憲を許さない、草の根からの世論と運動をつくるために、私も、頑張ります。
 県政も国政も、野党共闘を引き続き、大事にしていきます。
 そこに、大きな可能性と未来があると、ぶれずに確信しています。
 
福島かずえ

|

« 初めての県議会代表質問 | トップページ | 母校八軒中新制70・創立82周年記念式典、祝賀会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173831/66071036

この記事へのトラックバック一覧です: 県政も国政も、引き続き、野党共闘で:

« 初めての県議会代表質問 | トップページ | 母校八軒中新制70・創立82周年記念式典、祝賀会 »