2014年5月 6日 (火)

丸森から白石の母の実家へ

140504_1408002


 丸森耕野から、大張を通り、白石大鷹沢を抜けて、白石駅前の「たかじん本店」により、母の実家の福岡山の下の渡辺家へ。

 140504_1408001


 母は6人きょうだいですが、女が5人でたった一人の男だった、弟の幸吉叔父さんを震災の年の4月28日に亡くしました。

 私も小さいときから、お盆とお正月には欠かさず、行っていた白石の母の実家。

 幸吉叔父さんは、とてもカッコいい・・優しい叔父でした。

 「いまでも、死んだなんて思えない・・・」と母が仏壇の前でつぶやいていました。

 きょうだいのいない私には、うらやましいほど仲の良かった母たちでした。

 近所に住む、母のすぐ下の妹、末子おばさんの家にも寄り、体調を崩しているという、保男おじさんを見舞ました。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月29日 (土)

長町病院友の会若林ブロックレクリエーションで遠刈田温泉に行きました

長町病院友の会若林ブロックレクリエーションで遠刈田温泉に行きました
長町病院友の会若林ブロックレクリエーションで遠刈田温泉に行きました
長町病院友の会若林ブロックレクリエーションで遠刈田温泉に行きました
 長町病院友の会若林ブロック恒例の日帰り温泉の旅で遠刈田温泉に行って来ました。
 今年は26名の参加で職員の平尾さんを講師に秘密保護法の学習も行いました。
 お天気にも恵まれ、楽しく交流できました。

かずえ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月21日 (土)

鳴子から福島を経由して浜松へ

鳴子から福島を経由して浜松へ
鳴子から福島を経由して浜松へ
鳴子から福島を経由して浜松へ
鳴子から福島を経由して浜松へ
 鳴子で21日学習会があり、参加後、福島市で福島大などが主催した「除染シンポジウム」に立ち寄りました。 その後、浜松で開かれている自治体学校に向かっています。
 除染シンポジウムではチェルノブイリ原発事故当時のドイツ環境大臣だったクラウス・テプファーさんの基調講演を聞きました。
「除染などの原発事故対応もできる限り自治体のレベルに降ろすこと。災害の対策、管理はそこが最も大切。コミュニティや住民の力、NGO の力が発揮された。ローカルな動きが大事」という話がとても心に残りました。
かずえ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月16日 (月)

韓国水曜集会

韓国水曜集会
韓国水曜集会



 4月11日は水曜日でした。

 毎週水曜日の12時から韓国ソウルの日本大使館前で、「慰安婦」問題の早期解決を求める集会が行われています。

 ぜひとも、参加したいと思っていました。 単独行動となった11日の12時に行ってみて、ビックリ!

 

Photo_4



Photo_5


 たくさんの人が集まっていて、その7割が10代とみられる若者だったからです。

 

 総選挙の日で祝日扱いだから学校が休みという条件だったからでしょうか…。

 

 竹島問題と同じように反日運動とも結びついているのでしょうか?ちょっと、想定外の状況でした。
132


139

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月14日 (土)

民弁労働委員会責任者クオン・ヨンゴクさん

Photo_4


 民弁労働委員会の責任者のクオン・ヨンゴクさんは、49歳。弁護士歴10年です。

  学生時代に投獄され、出所後、身分を隠しながら工場で働いたりしながら、弁護士になったのは39歳・・・という、経歴の方です。

 民主労組の法律専門員として働き、労働問題のエキスパートで、現在も。すべての仕事が労働問題だそうです。

  今でも、FTA反対の集会などで、拘束される人が多くいて、とても忙しい・・・といってました。

 とても、物静かで丁寧な話し方で・・・いかにも闘士・・・とは見えませんでした。山本圭をほうふつとさせる・・・そんな感じのかたでした。

  同世代の人たちが、学生運動以来、この30年間・・・ずっと頑張ってきたのだなあ・・・と、とても感慨深いものがあります。

 私も、学生時代に日本共産党に出会い、入党して31年になります。民主主義と人権、平和のために頑張ってきたと思います。が、クオンさんの頑張りに比べると、ささやかなものです。

Photo_3


 民主化闘争の前に、日本からの独立運動もあります。韓国の民主主義を勝ち取るたたかいの歴史は、ものすごいです。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

弁護士のキム・ジンさん

Photo_3

今回、民主労組や民弁幹部との懇談をセットしてくださった弁護士のキム・ジンさん。

 もちろん、弁護士さんです。盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領時代には、法律担当のブレーンも務めていた民弁の幹部です。

  51歳、同い年です。

Photo_2


  民主労組や民弁など、今回、韓国で出会った民主的な活動をしている人は、おおよそ50代、40代です。

 これ以上、上の年齢の方は、多くは弾圧で投獄され、若くして亡くなられているか、あるいは変節しているか・・・なのでしょうか。

 民主化して30年足らずの韓国の激しい歴史がこういうところからも伺われます。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 9日 (月)

被災地から韓国へ

被災地から韓国へ
被災地から韓国へ
 突然ですが、8日から韓国に来ています。 大阪の弁護士さんたちのスタディツアーに参加しています。
 韓国は日本が参加しようとしているTPPに先んじて韓米の二国での自由貿易協定を結んでいます。
 それを廃棄する国会をつくろうと、与野党逆転をめざす民主的な勢力が連帯して、がんばっています。今週11日が韓国の総選挙です。
写真はホテルからのソウル市内と、ご一緒している大阪の梅田弁護士と京都の中村弁護士です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 7日 (火)

雨の京都

雨の京都
 全国自治体問題研究所主催の議員研修会が大阪で開かれます。
 自費参加なので、交通費と時間の節約のため、夜行バスで来ました。
 仙台を5日19時30分に出て6日6時30分に京都駅に着きました。あいにくの雨模様です。

かずえ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月20日 (月)

スペインの風に吹かれて<かずえッセイvol91>

061118_132601 18日、7時56分発のはやて5号で帰仙しました。

 コインロッカーに荷物をいれて、その足で二華会(二女高同窓会)仙台支部総会に参加しました。

 仙台支部は、できたばかりで今年で7回目ですが、毎回参加しています。

 今年のアトラクションは、スペインアンダルシア在住の佐藤花那子さんに、伝統的なフラメンコを踊っていただきました。

 花那子さんは、スペインで舞踊家として活躍しています。二女高の後輩にあたります。

 4.5年前から交流があり、今回も帰国のニュースをメールでいただき、「それならば、ぜひ、仙台支部総会で踊って欲しい」と仲介をさせていただきました。

 商業化されたフラメンコとは、一味違い、静かではあるものの、とても情熱的な踊りでした。

 参加された皆さんからも、喜んでいただき、とても良かったです。

061118_164301  その後、アエルビルで開かれていた第26回日本性科学学会に参加しました。

 毎年持ちまわりで、全国で開かれているようで、第7回に長池博子先生が学会長を引き受け、仙台で行って以来だそうです。今回は、村口きよ先生が学会長です。

 「ジェンダーとセクシュアリティ」という全体テーマは、時宜をえたもので、とても楽しみにしていました。

 仙台市議会でも、男女平等の施策を推進させまいとするかのように、自民党議員からのバックラッシュの発言が激しく系統的に、とても戦略的に行われているので、対抗するための理論と実践の経験を得るため参加しました。

 医師や保健師など専門職の方たちが、科学的に研究し、実践していることにとても感銘し、勇気をもらいました。ので、私も、ちょっと発言させてもらいました。

 市民が元気に、議会や行政に働きかけることが必要ですが、こうした専門家のみなさんからの働きかけ、科学的な取り組みで得られた知見をもとにした意見はとても重みがあり、重要だと思いました。

 18日は、このあと生活相談があり、帰宅したのは21時近くでした。

 この1週間、千葉、群馬、茨城と東京と3県1都で視察・調査・研修を行いました。とても、充実した1週間でした。

 リリー・フランスキーの「東京タワー」と「チャングム」の最終回をみて、休みました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)