2015年1月20日 (火)

再び「ファルージャ」に思う

Kimg0693



 恐れていた事態が起きました。
 「イスラム国」が日本人人質を取り、身代金を要求。72時間以内に二億ドルを支払え…という要求に従わなければ、殺害するという脅迫です。


 人命救助第一が政府の仕事です。最善を尽くして欲しいです。


 人質をとってお金を要求することは、許されない犯罪であることは明らかです。


 が、中東訪問中の安倍首相が17日カイロで行った演説で25億ドルの財政支援のうち2億ドルを反「イスラム国」のための資金援助だと語ったことが身代金要求の根拠に利用されています。


 日本は憲法9条をもち戦争をしない国だから、欧米と違う扱いをされていたはず・・・。

 フランスでのテロ事件があり、中東情勢はさらに複雑になっている、このタイミングで現地におもむき、踏み込んだ発言をしたことの意味、重大性を安倍首相はちゃんとわかっておこなっていたのでしょうか?


 2億ドルは確かに法外な要求額ですが、25億ドル(3000億円)という援助金も莫大な金額です。
 ODA が海外でインフラ整備を受注するゼネコンには利益をもたらすけれど、現地の住民には役にたたないケースも多々ある…といわれています。


 海外支援より邦人救出にお金を優先してつかうべきではないでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月16日 (土)

向田邦子はすごかった

向田邦子はすごかった
 仙台演劇鑑賞会の2月例会は文学座の「くにこ‐向田邦子の青春‐」でした。
 15日の夜、残念ながら、途中からしかみることができませんでした。
 が、グッと引き込まれてしまいました。
 向田邦子のシナリオは好きで何冊か、本も持っています。
「あうん」は有名ですが、私は「冬の運動会」が好きです。
 大好きな女性が亡くなり、とても悲しいけど、やはりお腹がすく…というシ―ンを名優志村喬が演じました。 忘れられないシ―ンです。
 大韓航空事故で不慮の死を遂げ、30年位たちます。生きていれば、もっといろいろ素晴らしい作品を作ったことでしょう。
 今日のお芝居をみて、心から残念に思いました。 完成度の高い、いい芝居でした。

 仙台演劇鑑賞会も圧倒的に女性の会員が多く、夜のステージが一回だけになりました。 働いている男性が、いいお芝居をもっとみることのできる環境づくりが必要です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年1月24日 (木)

映画「東京家族」をみました

映画「東京家族」をみました
 必ず観ようと思っていた映画「東京家族」を見に行きました。

 寅さん映画が大好きな夫と、夫の兄と、三人で観ました。

 残念ながら遅れたため最初の20分位は見逃してしまいました。

 丁寧なつくりの、映画らしい映画で、いつの間にか涙が溢れる、さりげないけど忘れられない映画でした。

  見逃した部分も含めて、もう一度観よう・・・と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月22日 (火)

「老人漂流社会」をみて

f:id:shins2m:20130120215239j:image

 

 20日夜、放映されたNHKスペシャル「老人漂流社会」は、見ていて本当に切なくなり、泣きながらみていました。

 介護保険はできたけれど、求められている「社会的介護」制度とは、まるで違ったものに、どんどんなっています。

 私は、仕事柄、身寄りのないお年寄りの相談を受けることが少なくありません。実際に、身元引受人として、かかわっている方もいます。

 総選挙後の、このひと月の間に、介護のことで家族の方の相談を立て続けに、数人の方から受けています。

 私の父も今年4月で89歳になり、母は7月で81歳です。私はひとっり子で、夫とともに、私の両親と同居しています。夫の両親はすでに他界しています。

 おかげさまで、なんとか、二人とも、まだ自立して生活していますが、じょじょに、老いが忍び寄ってきていることを実感しています。

 父か母のどちらかが、介護が必要になれば、私か夫のどちらかが、仕事をセーブ、あるいは辞めなければならない・・・と、思っています。

 両親は私たちがいるからいいけれど、子どものいない私たちは・・・どうなることでしょう。 

 

 また、団塊の世代以降は、子どもがいても「子どもには頼れない」と思う世代です。

 そういう私たちが、自らの「老い」に向き合わざるを得ない・・・、そんな時代に突入しました。

 公的介護保険の充実以外に、解決の道はありません。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)